竹材を生活にHOME>商品使用例草月会の青竹作品

すべて弊社の青竹を使い作品を製作しています。
皆さんのお近くで見る機会があれば一度見てください。

草月会の青竹作品

草月80周年の「四国花巡礼」
「水」をテーマに香川県で開催されました。
真竹の約8cnと2〜3cmを組み合わせています。
竹以外にアセビ、ツルウメモドキ、それにグロリオーサです。

勅使河原茜さんの作品
2006年9月
高知市で開かれた「風」をテーマに製作された家元の作品です。
30本の真竹直径約8cm長さ7mの物を16分割したものと同じ丸竹40本使っています。
2006年11月15日
真竹作品 松山市 道後温泉
2007年4月


丸亀市現代美術館で行われた三代家元
勅使河原宏氏の「雲とともに」からです。

1994年10月

勅使河原宏氏の広島市現代美術館で開催
された「舞竹」からです。割竹の曲線で竹の
うねりが表現され非常に迫力あります。

1997年4月

これも「舞竹」からです。
一度でいいからこんな場所でお茶でも飲
んでみては?
味がよく分からないかも知れません。

これは4代家元勅使河原茜さんの香川県
琴平で行われた「花舞台」の舞台上の作
品です。緑と白のコントラストが非常に見
事でした。

2004年11月

これも「花舞台」の建物入り口のオブジェです。

これは高知県支部の皆さんが製作した
公園でのオブジェです。
私は宇宙空間を表しているような気がし
ます。

2004年10月

商店街の天井でのオブジェです。これはUFO
かな蜘蛛?はたまたタコ?いろいろ想像が広
がります。

草月会高知県支部

香川県の草月流 麗草会の人たちの作品
です。
高松市内のデパートです。
普段何とも思わない空間がよく分かります。

2005年10月
真竹の芸術 兵庫 兵庫県支部の方が兵庫県立美術館で
制作した物です。

2007.10.8



竹材を生活にHOME

Copyrights(c)2008 Murakawasyoukai(murabam@nifty.com)