会社案内 商品案内 商品使用例 LINK集 竹のある風景 サイトマップ

竹材店の仕事

竹材の搬送

早春は一年で竹材が一番多く動く季節です。
冬に切った竹を山から引き上げたり、配達したりします。

真竹の4寸を木の支柱に使うため配達した様子
です。

大型トラックで孟宗竹が入荷した様子です。


真竹の切り出しから結束まで

数年前までは弊社でも専属の竹を切ってくれている人たちが数組いましたが、いまでは高齢化と
需要の減少で若い人たちはほとんどいません。日本の林業関係に全体に言えることでしょう。
従って私たちが山に出かけたりします。

ここは丸亀市と坂出市の境にある元みかん畑だったところです。

昨年の夏に見つけていた竹薮です。
ここは細い竹(3寸)が少ないため見合わせ
ていましたが硬く色が良いので伐採を始めま
した。

ほぼ平坦地のため仕事もはかどります。
一般に真竹は樹木が新緑の季節に落葉します。
冬の季節が一番青々としています。
真冬なのに緑がまぶしいような感じです。
切った竹を傷つけないように人力で薮から
出します。
うまくトラックが竹薮のすぐそばにつけれました。
こんな条件のいいところはそうありません。
1束ずつ担ぎ込みます。


会社まで持って帰り選別をします。
曲がり、伸び、キズ、色、それに太さを選別し
ます。
太さの規格の境目は物差しで測ります。
こうして商品として出荷します。


竹材を生活にHOME

Copyrights(c)2008 Murakawasyoukai(murabam@nifty.com)